スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

K-1を観に行く

 こんにちは、 まだ6月なのに恐ろしい暑さですね。 6月25日(土)に昔の仲間がK-1に出場するというので代々木第二体育館まで観に行ってきました。 行きの道中は満員で蒸し風呂状態、ぬるめの冷房、そして遅延という電車の3重苦に苦しめられつつもなんとか会場着。(僕は暑さがとても苦手です......) 応援していた選手は残念ながら負けてしまいましたが、久々に格闘技の空気を吸って懐かしい気分でした。 最近は村田 vs ゴロフキン、井上 vs ドネア、天心 vs 武尊など格闘技のビッグマッチが続いた影響かボクシングやキックボクシングのミット打ちをしたいという会員の方が増えました(10代から50代まで)。 ずっと筋トレで少し飽きてきた方には気分転換にとても良いと思います。 ご希望の方はトレーニング当日でも構いませんので、お気軽にリクエストしてください! 話は少し戻りますが、最近のどのビッグマッチもテレビ中継ではなくネット配信(所謂PPV)でした。 格闘技は地上波での中継が当たり前だった時代、中継自体がほとんどなかった厳しい時代、再び地上波に戻りつつあったここ最近を抜けて、ネット配信が主流になりつつあります。 サッカーやF-1、野球なども地上波ではなくDAZNなどの配信が主流になってますよね。 ネットにつながっていればスマホでもパソコンでもテレビでも、どこでも見れてとても便利な時代です。 僕も最近の格闘技は全部PPVで見ていました。それにコロナ禍でもあったのでここ何年かスポーツの現地観戦はしていませんでした。 でも、やっぱりスポーツは生で観戦する方が良いですね。 この機会に暇があったら西武ドームでもいこうかな?と思いましたが、この時期の西武ドームこそ蒸し風呂状態ですよね。 それではまた
最近の投稿

本能に逆らうから大変

 こんにちは いよいよ梅雨の季節ですね。 梅雨が明けたらもう夏ですね。 夏が近づくと、今年こそは!とダイエットを志す人も多いのではないでしょうか? しかし痩せるって難しいですよね? 単純な話、食べる量(摂取カロリー)を減らして運動する量(消費カロリー)を増やせば痩せれるという超シンプルな仕組みなのですが、それを始めることも続けることもなかなか大変です。 今回はダイエットをするうえで避けては通れない食欲について書いてみたいと思います。 そもそも人類が好きなものを好きなタイミングで食べれるようになったのは、長い歴史から見ればほんのつい最近の話です。 それまでは長い間、数百万年と飢餓に苦しんできた人類、 (いまだに飢餓がなくなったわけではありませんが) そんな、飢餓に対する意識というのは何百万年と遺伝子レベルで刷り込まれているわけです。 人間は生き残るためには食べなくてはなりませんし、食べ物を食べるのであればより高カロリーな栄養(脂質や糖質)を摂る方が効率が良く、そうした人(食べれるときにたくさん食べれる人)のほうが "むかーし昔" は生き残りやすかったのでしょう。 そうやって長い間ずっとあった癖は簡単には治らないわけで......「次にいつ食べ物が見つかるかわからない!」「だから食べれるときにたくさん食べよう!」と、石器時代からの本能が語り掛けてきた時、良くも悪くも現代の我々の前にはたくさんの食べ物があふれているんですよね。まさに飽食の時代。 当たり前ですが、そんな状況で食欲にブレーキをかけるのはとても大変......。 それに今は皆さんの前に簡単に手が届く高カロリーなものがたくさんあると思います。 ケーキ、ラーメン、ピザ、唐揚げ、コンビニ弁当、ポテチなどなど、 そりゃ食べたくもなりますよね。 僕も食べたいです(写真はバーガーキング)。 で、僕から言いたいことは "食欲というものはずっと抑え続けることは難しい" ということ。 確かに食事の制限は大切です。 が、無理な食事制限をすると必ず跳ね返りが来ます(リバウンド)。 特に夏を目前にして急なダイエットに挑戦⇒挫折⇒リバウンドなんていうのはたくさん見てきました。ほどほどにやりましょう。 胃は伸縮性があるので食事量を少しずつ落とせば少ない食事にもじきに慣れてきます。 速く痩せることより

苦手だけど

突然ではありますが、ジムのホームページを改修するついでに新たにブログを立ち上げることにしました。  ブログはジム立ち上げ当初も挑戦しておりそこそこ記事も更新していたのですが、徐々に更新頻度が落ちてきて......何を隠そうSNSも含め頻繁に更新することが大の苦手なんです。 しかしながら、情報をしっかり発信するのは大事だと気付かされる今日この頃。 トレーニングやダイエットと同じく情報発信においても継続は力なり、そう思いましたので頑張っていきたいと思います。 毎回のようにトレーニングやダイエットについて真面目に書いていてもつまらないと思いますので、僕個人のことなんかも含め少し緩く書いていきたいと思います。 なんでも最初から飛ばし過ぎるとどこかで挫折してしまうのでほどほどに。 ※今後当ジムのブログ、インスタ、Twitterを少しずつ更新していきますが、トレーニング風景などは会員様の許可を取れた場合のみ掲載いたします。 基本的にはパーソナルジムであるからこそ個人のプライバシーには敏感でありたいと思っていますので、あまりお客様のトレーニングは掲載しない予定です。 その代わり僕のトレーニングはたまに紹介してみたいと思います。 そんなこんなで またジムかブログでお会いしましょう。